HOME > リバウンドの原因

リバウンドの原因

ダイエットがうまくいかない原因の一つにリバウンドがあります。
痩せている人にはリバウンドと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、太っている人にとってはこの上ない厄介な現象です。

リバウンドとはダイエットなどによって一時的に減った体重が元に戻ってしまうこと、あるいはダイエット前以上に体重が増えてしまうことを言います。
実にダイエッターの半数以上がリバウンドを経験していると言います。

実はこのリバウンド、なめてかかると痛い目に合います。
というのもリバウンドを繰り返していると、次第に体質が変化し、どんどんと痩せにくい体になってしまうのです。

何故リバウンドが起きるかというと、これは飢餓状態などの生命が危機的な状態になると、ホメオスタシスという機能が働き、エネルギーの消費量を抑制するようになるからです。
よくある食事制限などのダイエットを行っていると、このホメオスタシスという機能が働きやすく、始めは順調に減っていた体重も全く変化しなくなります。

食事の量が減っているので、それに合わせて無駄なエネルギーを消費させまいとする生命維持機能がダイエットを邪魔するのです。
この状態でダイエットを止めてしまうと、消費エネルギーは低いのに、摂取エネルギーは増えてしまい、結果的に太ってしまうのです。

またレプチンというホルモンの働きも影響していると言われます。
レプチンとは簡単に言えば満腹感を感じるための物質で、ダイエット中はレプチンの分泌量が減少します。

つまり満腹感を感じにくくなるというわけです。
ダイエットをしている間はそれでも問題はないのですが、問題はダイエットを止めてもレプチンが正常に分泌されるのに時間がかかるという点です。

つまり食事をしてもレプチンの分泌量が少ないために中々満腹感を得られず、つい食べ過ぎてしまうというわけです。
ですからリバウンドを防ぐためにはこのような体の機能を理解しなければなりません。

急激な体重減少はホメオスタシスの機能が働きやすくなります。
そのため、ダイエットは焦らずに時間をかけて、少しずつ体重を減らしていく方が良いといえるでしょう。

なお酵素ダイエットはリバウンドのリスクが少ないと言われています。
リバウンドしない酵素ダイエットの体験談については、こちらもご覧ください。