産後の便秘解消にはきのこ

出産後は体の調子が変わりやすいですが、便秘になりやすいと思いませんか。中には妊娠時に比べて便通は良くなったという人もいますが、産後に便秘になる人も意外と多いのです。原因は色々考えられますが、一つに赤ちゃんに母乳を上げるため、体内の水分が不足することが考えられます。母乳は栄養素が豊富に含まれていますが、母体の水分や栄養素を吸収して作られています。ですから母乳をあげていると喉が乾く、お腹が空くといった症状が出てくるのです。だから母親はご飯も水分もしっかり摂らなければならないのですが、体内の水分量が減ると腸内の水分も少なくなるので、便が硬くなり、便通が悪くなります。さらに水分を摂ることで腸の蠕動運動が促され、便秘が解消しやすくなります。ではどのくらい水分を摂れば良いかというと、母乳に持っていかれる水分量は普段より多く摂取したいものです。目安としては500mlから1l程は余計に水分を摂った方が良いでしょう。それから、便秘解消にはきのこを食べるのもおすすめです。きのこには食物繊維が豊富なことはご存じかと思います。きのこにも色々と種類がありますが、水溶性食物繊維が豊富なきのこと、不溶性食物繊維が豊富なきのこがあります。水溶性食物繊維が豊富なきのこは例えばなめこです。それから不溶性食物繊維が豊富なきのこはエリンギですね。どちらも便秘解消には有効な成分です。ですので、両方の食物繊維を摂るために、色んな種類のきのこを食材に取り入れると良いのですね。それからなめこは表面がネバネバしているのが特徴的なきのこですが、このネバネバの正体はムチンと呼ばれる成分です。ムチンは粘膜を強化する働きがあり、さらには善玉菌が育ちやすい環境を作り出してくれる有難い成分です。善玉菌が育ちやすいということは、当然腸内環境も整うので、腸内の便が排泄されやすくなるというわけです。いずれにせよ産後であれ、便秘解消には水分と食物繊維が必要ということです。きのこは栄養も豊富なので、お母さんの栄養補給にも最適です。なお産後に二の腕が太くなったという方も多いようです。いくらダイエットしても二の腕だけは細くならないと悩んでいませんか。二の腕痩せの方法はこちらに書かれていますので、ご覧ください。