きのこの種類と栄養素

一口にきのこといっても色んな種類があります。有名なきのこといえば、シイタケやマイタケ、エリンギ、なめこ、しめじといったところでしょうか。このほかにもさまざまなきのこが存在し、世界には数千から数万種類ものきのこが存在するようです。もちろん中には食べられないきのこも存在しますが、私たちが良く知っているキノコは大体カロリーも栄養素も似たようなものです。きのこのカロリーは100gで20kcal前後ですから、非常に低カロリーな食材といえるでしょう。特にマッシュルームはカロリーが低く、100g当たりわずか11kcalしかないと言われます。またきのこがダイエットに有効とされている所以はその栄養素にもあります。きのこにはきのこキトサンを始めとして、食物繊維やビタミンB群などの栄養素が豊富です。これらの栄養素は糖質や脂質の代謝を促したり、吸収を防いで体に脂肪として蓄えられるのを防ぐ働きがあります。中には血圧の上昇を抑制して生活習慣病を予防したり、癌細胞の発生を抑止してくれるきのこもあります。特にエリンギはカリウムの含有量が多く、高血圧気味の人には是非食べてもらいたいきのこといえます。また忘れてはならないきのこの栄養素がビタミンDです。ビタミンDというとあまり聞き慣れない方が多いかもしれませんが、カルシウムの吸収を促進する重要な栄養素です。いくらカルシウムを摂ってもビタミンDが不足すれば、骨は丈夫にならないというわけです。特に高齢者や女性はビタミンDが不足すると骨粗しょう症になる人もいるので注意してください。