きのこは癌予防の効果がある

現代でも癌は我々を悩ませる生活習慣病の一つですが、癌予防には食生活の改善は重要とされています。中でもきのこは癌の発症リスクを下げる食べ物であると注目されていますが、何故きのこが癌の発症を防ぐ効果があるのでしょうか。きのこはといえば、食物繊維やビタミンB群が豊富に含まれており、ダイエットにも役立つ食材ではあります。しかしそれだけではなく、きのこにはβグルカンという成分が含まれており、このβグルカンが癌細胞の発生、増殖を防ぐ働きがあると言われています。βグルカンは人間の免疫システムを強化し、体内に発生した癌細胞を攻撃し、無害化することで癌の増殖を防ぎます。特にアガリクスというきのこにはこのβグルカンが豊富に含まれており、癌抑止に高い効果があると言われているのでしょう。ただアガリクスはブラジル原産で神のキノコとも言われ重宝されていますから、値段もそこそこします。アガリクスが手に入らないという人は、もちろん身近なしいたけやなめこなどでも癌予防の効果は期待できますから、安心してください。大切なのはきのこを頻繁に摂取するようにすることです。きのこは色んな料理に使えますし、お肉や野菜とも相性が良いです。またご飯に混ぜて炊き込みご飯を作るのも有りでしょう。ちなみに最近では玄米に癌細胞の増殖を抑える働きがあることも分かっています。癌予防できる玄米についてはこちらに詳しく書かれています。