HOME > 低インスリンダイエットとは

低インスリンダイエットとは

低インスリンダイエットとは、インスリンの分泌量を少なくするためのダイエット法です。インスリンは血液中の糖を回収し、エネルギー源として蓄えたり、脂肪へと変換させる働きを持っています。よってインスリンが分泌されると、体内に脂肪が蓄積し、結果的に太ってしまうわけです。インスリンは血糖値が上昇すると分泌されるホルモンの一種です。ですからインスリンの分泌を抑えるためには意図的に血糖値の上昇しないような工夫が必要です。人間は食事をすると血糖値が上昇しますが、食べ物の中には血糖値が上昇しやすいものと、そうでないものがあります。血糖値の上昇が少ない、あるいは緩やかである食品を低GI食品といい、GI値の低いものほど血糖値が上昇しにくいと言われます。ですから低インスリンダイエットとは低GI値の食品を中心に食べ、血糖値の上昇を抑えて、インスリンの分泌を減らすというダイエット法なのです。GI値の数値はブドウ糖を100として、さまざまな食べ物に数値が振られており、一般的に白米はGI値が高く、野菜や海草類はGI値が低い食べ物とされています。低インスリンダイエットの方法として、炭水化物などのGI値の高いものを全く避けるのではなく、同じ炭水化物の食べ物でもなるべくGI値の低いものを選択することで行います。GI値が高いからといって、炭水化物をまったく摂らないのは危険です。またGI値の低い食べ物ばかり食べ、栄養バランスが偏ってしまうことも、間違った低インスリンダイエットといえるでしょう。低インスリンダイエットはある程度の期間継続しなければ意味はありませんが、栄養やGI値に関する正しい知識が必要ですので、素人には難しいダイエット法といえるでしょう。