妊婦が玄米を食べても大丈夫?

玄米は健康やダイエットにもおすすめですが、妊娠した女性が食べても大丈夫なのでしょうか。結論を言えば妊婦が玄米を食べても大丈夫です。そもそも白米が主食になる前の時代は、妊婦も普通に玄米を食べていたわけですから、心配する必要などないのです。ただ玄米を食べるとミネラルが欠乏すると良くいいますね。玄米に含まれるフィチン酸は体内の有害物質を体外へ排出するのに役立つ成分です。しかしながらミネラル分とも結合してしまうので、毒素と一緒にミネラルが体外へ排出されてしまうというわけです。貧血気味の人は玄米を食べない方が良いともいいますが、確かに体質的に玄米を受け付けない人はいるでしょう。なお玄米を発芽させればフィチン酸もなくなりますので、ミネラル欠乏症が心配な方は発芽玄米をお試しください。ただし玄米を発芽させるとフィチン酸の解毒作用は無くなります。ただそうはいっても、玄米はそれ以上にミネラル分が豊富ですから、トータル的にはミネラルを補う形になります。お米に限らないのですが、精製していないものはミネラル分が豊富なのです。助産師さんや栄養士さんも、妊娠中の玄米食を薦めています。それに玄米は便秘を解消、体内の毒素を排出してダイエットにも効果的な食材です。消化に時間のかかる食材でもありますから、血糖値の上昇が抑えられるので、脂肪も蓄積されにくくなります。妊婦は特に下手なダイエットは出来ませんから、主食を玄米に変えるだけでも良いダイエットになるかもしれませんね。それに妊婦さんは便秘になりやすいので、便秘を解消するためにも玄米を食べることをおすすめします。なお妊婦にはごぼう茶もおすすめです。ごぼう茶は不妊にも効果があるようですから、一度お試しください。