玄米で脚気を予防できる?

皆さんは脚気という病気を知っているでしょうか。江戸時代中期に流行した病気で、全身特に下半身の倦怠感やだるさ、食欲不振を感じる病気です。放っておくと手足にしびれやむくみが出てきたり、ひどいときは歩行困難になることもあります。脚気は昔の病気と思われるかもしれませんが、現在でも脚気にかかる人は少なくありません。というのも現在は白米中心の食事で、糖質を多く含んだ食品で溢れています。糖質の代謝にはビタミンB1を消費するため、糖質を摂り過ぎるとビタミンB1欠乏症になり、脚気になってしまうというわけです。実際に江戸時代に脚気が流行ったのは、参勤交代によって江戸に入った武士たちが、白米中心の食生活になったことが原因として考えられます。白米は糖質が多い上にビタミンB1をあまり含みません。ですから脚気を発症してしまうわけですが、自国に帰って玄米中心の食生活に戻ると自然と脚気も治ったようです。これは玄米の糖質が白米に比べて少なく、さらにビタミンB1を多く含む食品だからだと言われています。現代は江戸時代に比べればビタミンB1を含む食品はいくらでもあるので、それ程心配する必要はないかもしれません。しかし偏食を続けているとビタミンB1が不足する可能性は十分に考えられます。それにお酒が大好きな人も、アルコールはビタミンB1を大量に消費する上に、吸収を阻害しますから注意しなければなりません。ビタミンB1を多く含む食品は豚肉やうなぎ、小豆などが有名ですね。それにサプリメントなどからビタミンB1を補給することももちろん可能です。ただ玄米を毎日食べていれば脚気とは無縁と言っても良いかもしれません。それ程玄米にはビタミンB1が豊富なのです。ビタミンB1は脚気予防だけでなく、脂質や糖質をエネルギーに変える手助けをしてくれますから、ダイエットにももちろん有効です。玄米の効果は他にもたくさんありますから、まずは白米を玄米に変えてみませんか。またごぼうにもビタミンB1は豊富に含まれています。ごぼう茶の成分アルギニンについてはこちらにも書かれていますから、ご覧ください。