玄米が腹持ちが良いのは何故?

玄米がダイエットに良い理由の一つに腹持ちの良さがあります。朝食をしっかり食べてもお昼前にお腹が空いてしまう、そんな方は朝食のご飯を玄米に変えてみてください。腹持ちの良さにびっくりするはずです。朝食に玄米を食べればお昼まで持ちますし、お昼に食べ過ぎてしまうことも防げるかもしれません。玄米だけでも良いですし、具だくさんの味噌汁を付ければ、それだけでお腹一杯です。ダイエット食としてクリーム玄米ブランがありますが、玄米にはビタミンやミネラル、食物繊維も豊富です。1日1食をクリーム玄米ブランに置き換えるだけでも、カロリーを抑えられますし、栄養不足も防ぐことが出来ます。玄米を炊くのが面倒臭いという人にはおすすめのダイエット食かもしれませんね。何故玄米がこんなに腹持ちが良いかというと、玄米がスローフードだからです。スローフードとはつまり、玄米が消化に時間がかかるお米だということです。玄米を食べてみれば分かりますが、白米よりも固く、何回も噛まないと飲み込むことが出来ません。何度も噛むことで唾液が分泌されて、消化酵素の働きを助けますし、満腹中枢を刺激して早い段階で満腹感を感じることが出来ます。早食いは消化にも悪いですし、ついつい食べ過ぎてしまうものです。玄米は意識せずとも食べるペースが遅くなりますから、食べ過ぎも防げますし、消化酵素を無駄遣いすることもありません。さらに腹持ちが良いので、間食も減らすことが出来るのではないでしょうか。これが玄米がダイエットに良い理由の一つというわけです。