HOME > 夕食抜きは本当に痩せる

夕食抜きは本当に痩せる

私が行った食事制限ダイエットで最も効果があったのが、夕食抜きです。どんなダイエット法かというと、やり方は簡単、夕食を食べないという方法です。もちろん朝食や昼食は食べても構いません。何故夕食を抜いたかというと、大抵の人は活動が多い時間は日中であり、夜はほとんど体力を使いません。体力を使わないということは消費カロリーも少ないということです。それなのに食事をして後は寝るだけ、これでは脂肪として蓄えられる可能性大です。寝ている間というのは、カロリーを消費しないのに、吸収率は高く、1日の中で最も脂肪が付きやすい時間でもあるのです。それに人間の生体リズムでも夜は代謝の時間とされているので、夕食を食べると消化にエネルギーが使われてしまって代謝の機能が低下してしまうのですね。夕食というと、具体的な時間は18時とか遅くても19時くらいです。この時間以降は間食も含め、一切食事をしません。もちろん水分(お茶やお水、野菜ジュース、酵素ドリンクなど)は飲みます。それに夕食は1日の半分程度のカロリーを摂っている人が多く、夕食を抜くだけでおよそ700から800キロカロリーは自然と摂取カロリーを減らすことが出来るのですね。だから体重も割と早く減少してくれます。この夕食抜きダイエットの効果は確かに高いのですが、デメリットとしてはやはり辛いのです。夕方18時あるいは19時以降食事をしないとなると、お腹が減って仕様がありません。でもこの空腹感を乗り切れば、ダイエットの効果は本当に高いので、1週間もあれば3,4キロは普通に痩せるでしょう。どうしても辛いときは温かい牛乳やミルクティを飲むと、空腹も気持ちも和らぎます。それでも我慢できないときは、寝てしまいましょう。